能のあらすじ・見どころ Summary and Highlights of Noh 山姥 日本語

あらすじ

山奥に棲むという鬼女、(やま)(んば)(くせ)(まい)を謡う女芸能者は、都で評判を得て「(ひゃ)(くま)山姥」(ツレ)という異名で広く知られていました。ある時、百万山姥は善光寺参詣のため供の者たち(ワキ・ワキツレ)を連れて、信濃国(長野県)へ旅に出ます。善光寺へ至る道には、(かみ)(みち)(しも)(みち)(あげ)()(ごえ)の三道があり、百万山姥は善光寺の本尊である()()()(にょ)(らい)の通られた道であるという上路越を徒歩で行くことにします。ところが、山中で突然、日が暮れて暗くなってしまいます。

辺りには宿も無く途方に暮れる一行のもとへ、一人の女(前シテ)が現れて宿を貸そうと言います。一行を家に案内した女は、百万山姥の山姥の曲舞を所望します。そして、自らが山姥であると明かして、そのために日を暮れさせ家に連れてきたのだと言います。百万山姥が謡おうとすると、女は今宵の月の夜に謡うのなら、自らも真の姿を現して舞おうと告げ、消え失せてしまいます。

このにわかに信じがたい出来事に一行は恐れをなします。所の者(アイ)から山姥にまつわる説を聞くうちに夜も更けていき、月光のもとで百万山姥が約束通りに舞い始めようとすると、山姥(後シテ)が異形の姿を現します。山姥は「(じゃ)正一如(しょういちにょ)」という禅の教えを語り、人間と山姥も本来は同一のものなのであると謡い舞います。その後、春・秋・冬の「山(めぐ)り」の様を見せ、どこへともなく去っていくのでした。

見どころ

本曲は山奥に棲む山姥が、都から来た女芸能者「百万山姥」の前に現れ、仏教の摂理を説いて舞を舞うというものです。哲学的要素と芸能的要素が絡み合った、世阿弥の作品です。

百万山姥は「(くせ)(まい)」という芸能を専門にしています。曲舞とは中世に流行した歌謡で、能のクライマックス部分である「クセ」というパートの原形になったものです。曲舞はリズミカルな(ふし)が特徴で、この節を世阿弥の父である観阿弥が能に取り入れたことで、能の大きな改革をもたらしました。

本曲の見どころは、その曲舞を山姥が舞う場面です。世阿弥の芸談書『申楽談儀』には「名誉の曲舞どもなり」とあり、この曲舞が称賛されています。曲舞で、山姥は「邪正一如」という仏教の理を語ります。すなわち、「仏法と世法」「煩悩と悟り」「仏と人間」「人間と山姥」は、別々の対立するものではなく同一のもので、真理としてのあらわれ方が異なるにすぎないということです。山姥の「山(めぐ)り」の場面では、「(りん)()」という人間の繰り返される生の苦しみの様が表されており、人間も山姥も同一の存在であると説いています。

山姥は、姿こそ異形の恐ろしい者ですが、人を助ける存在として描かれます。または、深い山奥の神秘的かつ原初的な世界で、人間の存在を超越した大自然の象徴ともいえるかもしれません。山姥は「輪廻を離れぬ、妄執の雲の、塵積もって」生まれた鬼女です。そんな山姥が、深山の月明りのもとで仏教の思想を語り舞う姿に、ご注目ください。「(げん)(ぺい)の合戦」として有名な(じし)(ょう)寿(じゅ)(えい)の内乱が終わり、鎌倉時代に入った頃のことです。

(ほう)(ねん)(しょう)(にん)に仕える男(ワキ)が、少年の僧(子方)と一緒に(かみ)()()神社(京都市北区)にやって来ました。

この少年僧は、法然上人に拾われて育てられましたが、実は、内乱のさなかで戦死した(たいらの)(あつ)(もり)の子供だったのです。「夢の中でも父に会いたい」と敦盛の子は神に祈ります。

上賀茂の明神は「生田の森(現在、兵庫県神戸市)に向かうように」と夢の中でお告げをします。敦盛の子と男は、すぐに生田の森へ向かい、その日の夕方には到着します。

二人が人家の明かりを目指すと、そこには(よろい)(かぶと)をつけた美しい武士がいました。敦盛の霊(シテ)です。子供の祈りを聞いた上賀茂の明神が(えん)()に頼み、敦盛の霊はこの世に一晩だけ戻ることが許されたのです。

ついに親子は対面を果たし、子供は泣いて喜びます。

敦盛の霊は、平氏の栄華や戦いに散った様子を語り、この対面を喜んで舞を舞います。

しかし、喜びもつかの間のこと。閻魔の使者が敦盛の霊を連れ戻そうと現れます。火炎や剣が降り注ぎ、終わることのない戦いに明け暮れる(しゅ)()(どう)の苦しみが、子供の目の前で繰り広げられます。

敦盛の霊は自分を(とむら)ってほしいと頼み、ついに姿を消してしまいました。