能のあらすじ・見どころ Summary and Highlights of Noh 野守 日本語

あらすじ

羽黒山(山形県鶴岡市にある山)から出た山伏(ワキ)が葛城山(奈良県御所市と大阪府南河内にまたがる山)を目指す途中、大和国(奈良県)春日野(かすがの)で野の番をする老翁(前シテ)に遭遇します。

山伏は野にある池の名を尋ねます。すると老翁はわれらごとき野守の姿を映すその池を「野守の鏡」と称すること、しかし本来「野守の鏡」とはこの地にいた鬼神(きじん)の持つ鏡のことを指すと教えます。

山伏は「はし鷹の野守の鏡」の古歌を思い出し、さらに質問します。老翁は古歌に詠まれたのはこの池であり、帝が鷹狩の際、見失った鷹の姿を水面に映し出したのだと教えます。さらに山伏が鬼神の持つの「野守の鏡」の所在を尋ねると、老翁は水鏡を見るように言って、塚の中に消えてしまいます。

山伏は里の男(アイ)に「野守の鏡」について尋ねます。そして先ほどの老翁こそ鬼神であると教えられるのでした。

鏡を見たい山伏は、鬼神の出現を期待して塚に向かって祈ります。すると鬼神(後シテ)が鏡を手にして、塚の中から出現するのでした。山伏は数珠(じゅず)を押し揉み、全力で祈ります。降魔の祈りを無心になす山伏に感じ入った鬼神は鏡を示し、世の果て、地獄の果て、あらゆる世界の様相を映し出し、奈落の底に消えて行きます。

見どころ

「野守」とは野の番人、野の管理者です。貴人が若菜摘(わかなつみ)をする際には、事前に野に結界をし、その地が荒されないようにするなど野に精通した人物でした。鷹狩りなど帝の巡行に際しては、案内役を務めたようです。

本曲は世阿弥作の鬼能。前半で野守の老翁がシテとして登場し、行方知れずの鷹を見つけた水鏡の話が語られます。また後半では野守が鬼神の姿となって現れ、力強い演技をします。鬼神といっても、退治される悪鬼ではなく、(よこしま)な世界を正そうとする良い鬼で、鏡を持って演技するところが見どころです。

本曲の重要なモチーフは「野守の鏡」です。「野守の鏡」は、『古今和歌集』の「はし鷹の野守の鏡得てしがな/思ひ思はずよそながら見む」(はし鷹の野守の鏡が欲しいものだ/恋い慕う人が本当に自分のことを思っているかどうか、鏡に映してほしいものだ)という恋歌に詠まれています。

この和歌に登場する「はし鷹の野守の鏡」には、一つの伝説が伝えられています。鷹狩りにきた帝が、鷹を見失ってしまいましたが、そのとき野守が池の水面を見て、そこに鷹の姿を見つけた、というものです。

鬼神が手にして現れる「野守の鏡」。本曲では、失ったものを見出すだけでなく、あらゆる世界を映し出すものとして描かれています。