能のあらすじ・見どころ Summary and Highlights of Noh 須磨源氏 日本語

あらすじ

日向(ひゅうが)国(現在の宮崎県)宮崎神宮の社官・藤原(おき)(のり)(ワキ)は伊勢神宮へ参詣することにします。その途中で、摂津(せっつ)国(現在の大阪府・兵庫県の一部)須磨の浦に立ち寄ります。そこで若木の桜を眺める老人(前シテ)と出会った興範は、老人から、若木の桜が『源氏物語』の主人公・光源氏(ひかるげんじ)にゆかりがあることや、栄華を極めた光源氏の物語を聞きます。若くして出世した光源氏は、朧月夜(おぼろづきよ)と契りを交わしたことがきっかけで、都を立ち去り、須磨、明石に下ることになりました。しかし、やがて都に呼び戻され、太上(だいじょう)天皇に並ぶ地位にまで上りつめたというのです。そして、自分こそが、その光源氏であると正体をほのめかします。源氏は今は兜率天(とそつてん)(天界のひとつ)に住んでおり、月が出る今夜、霊験を見せようと言い残して姿を消します。

月夜になり、興範は須磨の浦で旅寝をします。すると、どこからともなく妙なる管弦の音が鳴り響き、光源氏の霊が()りし日の姿で天から顕れます。かつて須磨の浦に住んでいた源氏の霊は、浦の美景を讃えながら、昔を偲びつつ、気品ある舞を舞います。この地の衆生(しゅじょう)を助けるために天から降りてきたのだと告げた源氏の霊は、春の夜明けとともに姿を消すのでした。

見どころ

須磨源氏(すまげんじ)」は、『源氏物語』の主人公・光源氏が須磨の浦に住んだ時期を素材にした作品です。前場の「若木の桜」は、源氏が須磨の住居に植えた木です。『源氏物語』須磨巻には、光源氏が「若木の桜」を眺めながら、都を思い出して涙する場面があります。本作品でも「若木の桜」をきっかけとして老人が過去を思い出します。前場の聞かせどころは、桐壺(きりつぼ)(はは)(きぎ)空蝉(うつせみ)などの『源氏物語』の巻名が織り交ぜられた謡です。この場面で光源氏の栄華が語られます。

須磨の浦は「月」の名所。須磨の月夜を描く後場では、光源氏の霊が住む「兜率天(とそつてん)」と「月」が重ね合わせられています。「兜率天」は衆生(しゅじょう)(人間)を救う弥勒菩薩(みろくぼさつ)がいる場所であり、光源氏の霊は弥勒菩薩のイメージが投影されているのです。

後場にみられる「青海波(せいがいは)」は舞楽(ぶがく)の名前です。『源氏物語』紅葉賀(もみじのが)巻には、紅葉葉が散るなかで「青海波」を舞った光源氏の姿は、この世のものとも思われぬ美しさだったと描かれます。後場の眼目である早舞は、「青海波」を舞う光源氏を想起させることでしょう。

なお、ワキの藤原興範は『後撰和歌集』に和歌が入集している平安時代の貴族です。宮崎神宮の社官という設定は、本作品の創作のようです。

作者は不明ですが、能楽の大成者・世阿弥(ぜあみ)の手が入っている可能性が指摘されています。