能のあらすじ・見どころ Summary and Highlights of Noh 望月 日本語

あらすじ

 近江(おうみ)守山(もりやま)(滋賀県)の甲屋(かぶとや)という宿屋に信濃(しなの)国の住人安田友治(やすだともはる)の遺児、花若(はなわか)(子方)とその母(ツレ)がたどりつきます。安田は従兄弟の望月秋長(もちづきあきなが)に殺害され、花若親子は望月の追手から逃れるため放浪の旅をしていました。甲屋の主人(シテ)は二人を見て驚きます。主人はもと安田の家臣、小沢友房(おざわともふさ)でした。三人は偶然の再会を喜び、小沢は花若にあらためて主君として仕えることを誓います。

 さらにそこへ、望月秋長(ワキ)と従者(アイ)がやってきます。望月は都から信濃へ帰る途中で、甲屋に泊まることにします。望月は名を隠そうとしますが、従者がうっかり小沢にしゃべってしまいます。

 この機会に小沢は花若に(かたき)を討たせてやりたいと、ある計画を思いつきます。

 小沢は酒を持って望月の前に現れ、花若の母は盲御前(めくらごぜ)(盲目の芸人)に、花若は羯鼓(かっこ)八撥(やつばち)とも。腰に付けた小さな太鼓を撥で打ちながら舞う芸)の芸人に変装して酒宴に入り込みます。花若の母は父の敵を討ったことで有名な曽我兄弟の幼少時の逸話を謡い、花若は羯鼓を打って舞います。小沢は望月から所望されて、獅子舞を舞います。

 望月が酒の酔いに眠り込んでしまうと、小沢と花若は変装を解いて飛びかかります。そして見事に敵を討ち取ったのでした。

見どころ

 敵討ちを果たすまでの劇的な展開と、後半の盲御前の語り芸・花若の羯鼓(かっこ)の舞・小沢の獅子舞といった芸尽くしが見どころです。

 酒宴の場では花若の母が盲御前になって、箱王(はこおう)曽我五郎(そがのごろう))が「不動(ふどう)明王(みょうおう)を父の敵の「工藤(くどう)」と間違えたという逸話を語ります。曽我兄弟の物語に触発されて「いざ討とう」と叫ぶ花若、それを押し止める小沢、刀に手を掛ける望月と一瞬緊張が走ります。

 獅子舞は口元を布で覆い隠し、赤い毛に金色の扇を二枚重ねて獅子の頭に見立てた被り物をつけて舞われます。足拍子を踏み、頭を振り回転、飛び上がるといった激しい動きが連続します。「獅子」の舞は獅子がシテの能〈石橋〉でも舞われますが、〈石橋〉と違う点は、舞の間に望月の様子をうかがう、望月の近くで足拍子を踏んで眠ったことを確かめるなどの動きが(はさ)まれることです。

 敵討ちの場面では望月を演じる役者は退場し、望月の被っていた笠に向かって刀を刺す動きで、望月が殺されたことを表現します。